病気を患ったとき

開業されておられる先生方にお伺いしたいのですが。
長期療養が必要な病気になった際、どのようにされるか方針を決定されておられるでしょうか?
可能な範囲でお教えください。

投稿日時: 2019年2月22日 13:55

1 回答 93 閲覧
いい質問 0

匿名医師

回答一覧(1)

並び替え :

開業医の先生に変わってお答えします
開業医の先生が病気になられた場合の対応についてですが、ご質問の長期療養がどれくらいの期間を指すのか不明ですが、長期療養の期間が1年以上に及ぶ場合には、開業を続けるのは難しいのではないかと思います

実際に多くあるのは院長がガンになっていまい入院手術を受けてその後抗ガン治療を受けるケースではないかと思います

この場合多くの先生方は入院中は休診にし抗ガン治療の期間中もほとんど休診にする場合が多いようです

期間にすると3ヶ月から6ヶ月です
この間は収入が激減しますので、今まで貯めた貯金や生命保険金、所得補償保険金から減収分を補填しています

医局や、日頃つきあいのある先生等に代診をお願いしているケースもありますが数は少ないと思います

こうした場合に備えるためには

1 リスクヘッジのための生命保険等への加入

2週に2回くらい代診の先生を雇用して人間関係を作っておく

ことが重要かと思います
もちろん医者の不養生といわれないように日頃のご自身の健康管理が重要なのはいうまでもありません

また休診中に減少した患者数も復帰後はもとに戻っているケースがほとんどですのでその点は心配する必要はないかと思います

湯沢会計事務所
http://www.yuzawa.com/

代表税理士 湯沢勝信

投稿日時: 2019年7月15日 15:34

なるほど 0

湯沢 勝信

湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢会計事務所

  • 1

開業希望情報を登録するだけで、条件に合う物件提案が届きます

1. 待っているだけで物件情報が届く

開業したいが物件を探す時間がない、という先生には、開業希望条件を登録するだけで、条件に合う物件を提案しています。

2. ご相談・ご提案無料

登録いただくと、オンライン相談、クリニックサポート登録企業からの提案などを無料でご利用いただけます。

3. 個人情報は非公開

お名前、メールアドレス等の個人を特定できる情報は企業側に公開されませんので、営業電話の心配もありません。
開業希望情報を登録する