開業資金について

自己資金ですべて賄えるのですが、貯金残高が無くなります。税制面では借金したほうが良いですか。

投稿日時: 2019年1月10日 10:34

1 回答 2569 閲覧
いい質問 0

匿名医師

回答一覧(1)

並び替え :

借入をして開業しても、全額自己資金で開業しても、税制面で見た場合それほど大きな違いはありません。借入をして開業した場合には、借入金に対する利息が経費になるので、その分実質的な利息の負担が小さくなるというだけです。今は金利が低いので、金額的に見た場合、例えば5000万円借りて
利息が1%とすると、5000万円×1%×50%=25万円が年間税金が安くなるという程度です。
借入をして開業することをお勧めしているのは税金面よりも以下の理由が大きいと思います

1 全額借入をして開業しても十分にやっていける
2 開業時に借りておかないと開業後は貸してもらえない
3 自己資金は運転資金がショートした時のためにとっておき、もし必要なければ、住宅の頭金か、住宅ローンの返済に充てる

というわけで、自己資金は金融機関からお金を借りるために見せるだけにしておいて実際には開業資金として使わないというのが正解だと思います。

湯沢会計事務所代表税理士 湯沢勝信
http://www.yuzawa.com

投稿日時: 2019年1月14日 16:53

なるほど 3

湯沢 勝信

湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢会計事務所

  • 1

開業希望情報を登録するだけで、条件に合う物件提案が届きます

1. 待っているだけで物件情報が届く

開業したいが物件を探す時間がない、という先生には、開業希望条件を登録するだけで、条件に合う物件を提案しています。

2. ご相談・ご提案無料

登録いただくと、オンライン相談、クリニックサポート登録企業からの提案などを無料でご利用いただけます。

3. 個人情報は非公開

お名前、メールアドレス等の個人を特定できる情報は企業側に公開されませんので、営業電話の心配もありません。
開業希望情報を登録する