医療情報系サイトのポイントに関して

医療情報系サイトのポイントは、Amazonギフト券に交換できることが多いです。このポイントは、1年あたり、どのくらいまでが非課税か、ご教示下さい。

投稿日時: 2018年12月14日 12:21

1 回答 1052 閲覧
いい質問 1

匿名医師

回答一覧(1)

並び替え :

医療情報系サイトでのポイントとは、それらのサイトで、アンケートに答えた場合、あるいは投稿をするなど一定の役務提供をした場合が考えられると思います。
アンケートに答える等は、懸賞の応募をするのと同じ行為と考えられますので、その結果獲得したポイントは、一時所得に該当すると思います。
一時所得であれば年間50万円までは課税されません。
また、投稿等の一定の役務提供の結果として得たポイントは、雑所得に該当すると思います。勤務医の場合、主たる勤務先の給与以外の給与と雑所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要となっていますので結果的には課税されないことになります。
このポイントに対する課税は、ポイントを付与された時ではなくて、ポイントを使った時とされています。
しかし実際には、いろいろなところで付与されているポイントを申告している人はいないと思いますし、税理士である私自身も申告していません。
現在ではこのポイントに対する課税は実務的に難しいので申告しなくても問題になることはないと思いますが、マイナンバーがポイントと紐づけされるようになると将来課税問題が生じてくるかもしれません

湯沢会計事務所代表税理士 湯沢勝信
http://www.yuzawa.com/

投稿日時: 2018年12月29日 18:38

なるほど 3

湯沢 勝信

湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢会計事務所

  • 1

開業希望情報を登録するだけで、条件に合う物件提案が届きます

1. 待っているだけで物件情報が届く

開業したいが物件を探す時間がない、という先生には、開業希望条件を登録するだけで、条件に合う物件を提案しています。

2. ご相談・ご提案無料

登録いただくと、オンライン相談、クリニックサポート登録企業からの提案などを無料でご利用いただけます。

3. 個人情報は非公開

お名前、メールアドレス等の個人を特定できる情報は企業側に公開されませんので、営業電話の心配もありません。
開業希望情報を登録する