院内調剤?院外調剤?

開業にあたり、院内調剤にすべきか、院外調剤にすべきか。それぞれの長所と短所を教えてください。

投稿日時: 2019年1月10日 23:19

1 回答 1251 閲覧
いい質問 1

匿名医師

回答一覧(1)

並び替え :

院内調剤、院外調剤のメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです
1.院内調剤
メリット
・院内で薬がもらえるので、患者の利便性が高い
・院外調剤と比べて、患者の総負担額が少なくなる
デメリット
・薬剤の仕入、在庫管理が必要になる
・薬価差がほとんどない
・薬を管理するための場所と人が必要

2.院外調剤
メリット
・薬の仕入れ管理の手間が減り、薬剤師のチェックにより、薬の処方違いによる事故を防げる
・処方料と薬価差がなくなるかわりに処方箋料がもらえる
・薬の保険場所や、人件費を節約できる

デメリット
・患者から見ると、二度手間になる
・院内調剤に比べて患者負担が増える

現在では、薬価差が大きい薬を扱う、薬局がやっていない時間に開業している、近くに薬局がないなどの特別な理由がない限り、院外処方を選択するのが主流になっていると思います

湯沢会計事務所代表税理士 湯沢勝信
http://www.yuzawa.com

投稿日時: 2019年1月14日 16:22

なるほど 0

湯沢 勝信

湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢会計事務所

  • 1

開業希望情報を登録するだけで、条件に合う物件提案が届きます

1. 待っているだけで物件情報が届く

開業したいが物件を探す時間がない、という先生には、開業希望条件を登録するだけで、条件に合う物件を提案しています。

2. ご相談・ご提案無料

登録いただくと、オンライン相談、クリニックサポート登録企業からの提案などを無料でご利用いただけます。

3. 個人情報は非公開

お名前、メールアドレス等の個人を特定できる情報は企業側に公開されませんので、営業電話の心配もありません。
開業希望情報を登録する